通訳って難しいなと感じます

アメリカに長期留学していたので、通訳を頼まれることが多くあります。外国人の友達のご自宅へ行った時に、その友人と日本人の友人の通訳をすることもあります。その時にいつも感じるのが、「通訳って難しい」ってことです。英語の翻訳の方が時間をかけられる分難しさは減ります。

通常、ネイティブと英語で会話している時は、英語で考えていて頭の中でいちいち日本語から英語に翻訳していません。そんなことをしていたら、時間がかかり過ぎて会話についていけないからです。日本語を話しているときは、もちろん日本語脳。別々の脳の回路を使って話している感じです。

通訳になると、英語で理解したものを日本語に変換しなければいけなくなるのですが、これが慣れていないと結構難しいです。脳がかなりフルに使う感じがします。同時通訳をしている人はすごいなといつも思います。英語にしかない表現や、日本語にしかない表現、文化背景の説明が必要な表現もありますしね。

通訳は毎回大変なのですが、毎回通訳をするたびに英語や日本語についての新しい発見があり勉強にはなります。なかなか、うまくできなくてもどかしさも感じますが、経験を積んで簡単なものであればスムーズに通訳出来るよういなりたいです。