漢方専門店に通訳として同行した経験

中国語と英語のスクールに長く通っていたので、仕事で外国人の上司や同僚のサポート役をしていた際に、何度か漢方専門店に通訳として同行したことがあります。

最初にそのお店に行ったきっかけは、台湾から来た同僚の奥さんが妊娠されて、台湾では妊娠の際には特別な漢方薬を飲むらしいので依頼を受けて、色々と調べて一緒に行くことになりました。その漢方専門店は予約制で、特に初回は1時間のカウンセリングの時間が設けられているのですが、説明は日本語ですので、その間に通訳として入りました。

漢方医(?)の方が、まずは妊婦さんの顔色や肌の調子、手の爪やなどを見て、体調や体質などを質問したりコメントしたりするのですが、そのコメントのほとんどが当たっていたようで、同僚と奥さんはすごくびっくりしていました。

長年の経験から、肌や顔色などから体の状態を見て分かるそうで、その症状の改善方法を一つ一つ説明して、その症状に合った漢方薬を処方してくれました。また同時に赤ちゃんの状態についてもコメントしてくれて、妊婦さんが安心することも言ってくれました。

私自身にとって初めての経験でしたので、すごく興味深かったです。通訳をすることによって、自分だけでは経験しないようなことも出来て良かったと思っています。機会があれば、私自身も漢方薬を試してみようと思っています。